BL的要素多し。テニプリ中心萌え話です。 青学メイン…というか乾×海堂中心に アニメ感想・原作感想・妄想日記などを綴っています。 BL・801など苦手な方はご遠慮ください☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
砂漠の王子様…?inてにぷり★
昨夜は友人と夜中までメッセトーク☆
CPは違えども(学校も)唯一のてにぷり友。
(それだけじゃあないけどねv)
最近は作中の話というか、妄想話になってきてる。
今日この頃。
友人がぶろぐで、てにぷりパラレルをやるという話で
いろいろ考えていた。
友人の題材は決まったようで。「若草物語~氷帝バージョン」
とでも申しましょうか。
誰を長女・次女~に入れるかが問題。
(どんな設定になったかはLINKの「そうでもない」の
 サイトさんを覗いてみてね☆)
その中でハーレクインという話が出て。
今度はわたしの妄想が・・・・・☆
もともとなんだかハーレクインふぁんなわたし。
ドラマチックな話が好きなんだよ。

メッセトークも終了して。ふとんの中でもんもんと
考えていたのが以下のお話☆


「砂漠の王子様~乾海バージョン~」

海堂ほか青学メンバーはテニスの親善試合の為。
とある砂漠の王国に招かれていた。

親善試合は明後日。ということで。
王国の観光をしていた。

砂漠を見たいという菊丸の言葉に乗せられて、
みんなで砂漠見物にでかけた。

そして、ドイツよろしく、海堂ひとり砂漠の中で
はぐれてしまった。

どっちを向いても、砂・砂・砂。延々と続く砂漠。
どっちに行けばいいのかもわからず海堂は困り果てる。
しかし、砂漠の暑さは強烈で。
その場にずっと立ちつくしているわけにもいかず。
海堂は歩き出した。
砂漠に照りつける太陽は容赦なく海堂の体力を奪う。
水もなく、ただ闇雲に歩き続ける海堂。

くらっと目が回るような間隔。
瞬間。
海堂は焼け付くような砂の上に倒れた。



(つづきはまた書こう~☆
見たい人がいるかは疑問だが。笑)











スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
読みたいひといます!(挙手)

今日は跡部画どうもありがとうvv
ぎゃーもーたまらんと悶えましたぜ。

海堂ってこういう貧乏くじを引く子(笑)。
でも眼鏡の王子様が助けてくれる…よね!続きをたのしみにしています。

いつもメッセで相手してくれてありがとーv
またあとべー!(愛ことば)
2006/02/19(日) 15:42:55 | URL | 苺谷 #LkZag.iM[ 編集]
秘技!コメント返し☆笑

苺谷さんどうも~v
さすがだ。早くもばれてる…w
読みたいのか!?笑。
苺谷さんもがんばってくれたら
がんばるよ~v

なりきりもあわせてね☆
2006/02/19(日) 19:09:31 | URL | *はるひ* #BXkg48Jw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。